HOME > 業務案内 > ⇒輸入貨物の内容点検業務

輸入貨物の内容点検業務

スペシャリストの知識と技術が適正な輸入の重要ポイント!

多種多様な品々が到着する日本の空港。

これらの輸入貨物を、関税法等に基づいて輸入申告するためには、数量・材質・原産地等を確認し、適正な税番(税率適用区分を示す番号)確定に不可欠な書類を作成します。

この業務には、非常に熟練した知識が必要とされるため、ACSでは定期的な研修や、長年培ってきた独自のノウハウを生かして、スペシャリストを育成。通関の根幹に触れるこの重要な業務は、1986年に税関より通関補助業務として認められ、多くの職員が従事しています。

このページの先頭へ戻る

航空貨物 ハンドリング 成田空港 関西空港 中部空港 人材派遣 通関 税関