株式会社エアーポートカーゴサービス Airport Cargo Service Co., Ltd. 株式会社エアーポートカーゴサービス Airport Cargo Service Co., Ltd.

採用情報Recruit

ACS21委員会

職員の笑顔のために日々活動を続けています。

ACS21委員会とは、その前身を“21世紀委員会”と称し、文字どおり21世紀にむけての未来図を役職者・従業員が一丸となり検討してまいりました。21世紀となった今、名称を“ACS21委員会”に改め、会社の繁栄と社員の幸福の実現のためにはどうすれば良いのかを考え、自らが勉強会の実施や社内環境の整備等、多岐にわたる活動を自主的にしています。

東京地区委員会

夢を目標にそして現実に。

東京地区委員会は都内・羽田地区を主体として広範囲に勤務する職員にACS21を広めるため『最高のパフォーマンス演出』を目標に掲げ活動しています。夢があってこそ、働きがいも生まれ、夢を共有することでその感動や信頼関係も生まれます。『夢を目標にそして現実に』をコンセプトに、一緒に自分の夢、みんなの夢を実現しませんか。若いチカラと新しい感性で職員同士の「絆」を深めていきましょう。

東京地区委員会

成田地区委員会

空港分会
~社員の幸福と会社の繁栄を目指して~

「ミニ勉強会」「スポット講習会」を定期的に活発に行なっています。空港内外を問わず、また東京地区の方も機会があれば、ぜひ参加してみてください。

成田地区委員会
今期に行なわれてきた勉強会や講習会

海外の通関事情について、ULD INTACT、マグロ漁業と輸入、ULD(キャリア) 講習会、ディプロマ講習会、畜産物輸出入検疫

空南分会

「事故0件」を目指し、今までになかったイレギュラーに対応するKYTシートの作成など、現場のプロフェッショナルが集い、知恵を出し合っています。全国の皆さんに活用していただけるよう取り組んでいきます。

空南分会

関空地区委員会

関空分会

活動の目標としては、広範囲で働いている職員の交流の場と考え、月に1回の会議、勉強会等によって、職場間の横の繋がりを密にし、連携を深めております。具体的には、大きく4つのグループに分け、

1.輸入グループ
作業マニュアルを作成し、新規配属社員の教育に活用。
2.輸出グループ
業務に関する勉強会を開催。
3.検定グループ
TOEICやパソコン検定等の資格取得を支援するため、啓蒙活動を行い、各種検定は自社内で実施できる体制を整えております。
4.広報グループ
各種お知らせ、トピックス等をメール配信。

広く職員の皆様の意見を取り入れ、進めて参ります。

関空地区委員会

りんくう分会

活動の礎となるのは、『参加してこそ』の考えです。職員が自主的に参加することで、他職場との交流も活発になり、新たな人脈を築いたり、新しい発想が生まれ、延いては、自分達の職場の活性化、各自のスキルアップにつながります。
主な活動内容としては、以下の通りです。

  • ・清掃活動
  • ・勉強会
  • ・AED講習会
  • ・懇親会
  • ・広報誌作成

チャレンジ精神をもって参加される方を応援します。

りんくう分会

阪神地区委員会

南港分会

毎月1回の定例会議を開催し、様々な事案を協議し分会の運営をしております。「ALL FOR DREAMS」をスローガンに職員一人一人が自分の夢に向かって活動を生かす事を目指しています。全職員参加型の講習会では、「参加する事に意義がある」のでは無く「1つでも身に付け、日常業務に生かす」講習会を目標としています。さらに年2回、主任・上級主任が講師となり班長以上の職員対象に「幹部育成講習会」を開催しています。

阪神地区委員会
神戸分会

人材育成を強化した活動を中心に「1~3等級対象勉強会、従業員委員勉強会、パソコン講習会、通関士講習会、航空講習会、海貨講習会」の目的別の6グループに加え、ISO勉強会、広報チーム中心のInformation21の配信、分会内での懇親会やレクリエーション活動も実施しております。「トライCHALLENGE」を目標に、まずは一歩を踏み出す勇気を持ってチャレンジし、積極的にトライしていくことを合言葉に、皆でACS21委員会を盛り上げる活動をしております。

神戸分会
中部分会

毎月一回広報誌『どまんなか通信』を配布しています。今年で3年目となりますが、ひと月も休刊せず継続発行しています。広報誌の題名「どまんなか」とは、中部地方が日本の中心の場所にあり、“中部営業部が将来、ACSの中心的存在になれるように”との目標を込めて命名しました。その他の活動3つです。

  • 1.勉強会グループ (海上貨物勉強会やマナー講習など)
  • 2.スポーツグループ (テニスやゴルフなど)
  • 3.懇親グループ (ケーキバイキングツアーや物づくり体験ツアーなど)

職員同士のコミュニケーションを深める場を提供し、中部営業部が中部事業部へなれるよう、向上し続けたいと思います。

中部分会